2024年6月25日(火) 02:46 JST

ままならぬセカイ

雑記

 忙しいんじゃああああ。

 更新が滞ってて大変申し訳ない。

どうせ忙しいんだろ?みたいな突っ込みも甘んじて受けなきゃいけないんだけど、なんとかなんとか…リネージュはとりあえず遊べる日は頑張って接続してる感じ。

まぁガッツリイベントを楽しめてるか?といわれれるとそれはないな。
中の人の世代的にも仕事バリバリやらなきゃっていう感じのポジション?なので、仕事があるだけありがたいと思って日々精進しております。

最近は、論文の現行締め切りが2つ近いのがあるので、クッソ忙しいw
んで次の原稿はハングルで書こうか?となってるので、それも併せてお勉強中。

表題なんだけど、今月に入ってかな?ちょっと大きなプロジェクトにアサインされかけてるんだけど…経緯はこんな感じ。

大ボス「このプロジェクト、上手くいかないンゴねぇ…」

中ボス「じゃあ、近所の大学のワイ先生に任せてみては?」

メンバー「それな」

ワイに依頼が届く
(まぁ一回くらい話聞いてくるか…)

会議にて

偉いおっさん共「あーだこーだ」

ワイ「(あ、これ受けたらヤバいやつや…)」

んとね、話が全然進まんw
参加者が両肩脱臼くらいで牽制球投げあってて試合が進まん。

ワイ「(これ、あかんやつやで…)」

全大会終業後

大ボス・中ボス「ワイ先生、どうや?アレする?」

ワイ「えっと…前向きに考えますね。^^;」

色々考えたんだけど、事務組織が使えないのが原因だと気づいたんよな。
こういう計画でやります、これやってくださいみたいな指示に対して、すげーレスポンス悪いんよ。
それに対してじゃあ、「ワイがやるわーい」とやってしまうとそれは個人のリソースではどうにもならんスケールなわけで。

せめて、ワイが仕事する舞台くらい整えてくれませんかね?

ということで、絶賛このプロジェクトへのアサインはペンディング中。
まぁ大ボスとかは、めっちゃ喜んでるので断ったら断ったで鬼電とか来そうでそれはそれで怖い。

そうしたら、こちらから条件出して飲んでもらったら受けようと思う。
他の参加者に対するメンツってのがあるので、ワイの職階をあげてもらうとか、事務こきつかえる権くれるかだな。