2024年6月13日(木) 23:37 JST

リネージュのシステムとしての限界

ナイト

 

し、死んでる!

英雄集結ワールドの恒例?イベントとして実施されているケーキイベントなんだけど、これはリネージュのシステムとしての限界があると思ってる。それについて書こうと思う。

ま、見れば分かるように、すげー数のPCだろ…?

だから流行ってるとか人気ある!とか言わんで。
これ中の人は何人なのかを考えると非常にこの先のリネのサービス継続が心配になるからね。

って、この入りの話じゃないねん。

これ昨日よりももっと人が増えてるんよ。

え?一緒じゃん?と思うやろ?
出現時間の場所取りが遠すぎて、アイテムをもらえなかったキャラが空き時間中にブックして、ほとんどのセルが複数キャラの重複で埋まってる状態なのだよ。

なんでそう思ったか?というと、昨日よりもさらさらに重いのよ。


古いプレイヤーなら覚えてるかなぁ…

ジャイアントアントクイーン(エルシャベじゃないで)とかトライソウルの仕様変更で、周囲のセルを埋めてもくっそ固い期間あったやん?んでキャラを1セルに重ねて振るBOXの人数増やして…みたいなことやってたやん?(なんじゃそれという人は別に良いw)

この辺がリネというシステムの限界だろうなーと思う。

この先、理論的にはケーキに攻撃が届く画面内の全てのセルに理論上重なることが出来るキャラを配置したらどうなるか?おそらく結構な割合の人が落ちると思う。現状でも相当重いので、これが限界だなーと思う。

じゃあ2倍3倍の参加キャラいた場合には、記念と言いながらほとんどのキャラはもらうことが出来ないので不満がすごいわな。

運営はそろそろこの手法は限界だと気づくべき。もしくはレベル制限を設けるとかやな。一度レベル制限あって避難囂々やったよな。
(プレゼントボックスはもらえるけれど、レベル95未満は開封できませんみたいなそんな感じにすれば参加者は減らせるわな。)

でもまぁ?セーフティゾーンでお祝い的にやるならこうするしか無いんだろうけどねー。
この辺もあってのリネージュのシステムとしての限界だと思う。他PCのエフェクトを軽量化するみたいな設定はあっても良いかもしれんね。