2024年7月24日(水) 00:41 JST

性器の武器を見てみよう

レジェンド武器

(2023年8月時点の性能、今後バランシング関連のアップデートにより性能が変更される可能性は非常に高い。)

両手剣のパイセンとして真冥王の執行剣と比較してみる。
くり返すが、執行剣は聖騎士は装備出来ないので、リアルタイムクラスチェンジで武器の置き換えを行う必要がある。

アイテム名 性能
真冥王の執行剣

35/46
STR +2、近距離ダメージ+22、近距離命中+13、近距離クリティカル+1%、技術命中+8

審判者の大剣 35/44 
STR+2、WIS+1、近距離ダメージ+19、近距離命中+15、近距離クリティカル+1%、技術命中+10

いずれも、+1あたり近距離ダメージ+2、近距離クリティカル+1%、技術ヒット+1
(+6から+1毎に、近距離ダメージ+1)

見てのとおり、聖騎士は技術命中/耐性なので、恐怖系統のクラスと比べてその辺は難しさが残る。
まさかナイトと君主だけ取り残して、聖騎士だけ技術命中くそたけぇとかやらないよなぁ?

武器自体の性能を比較すると、攻撃性能では執行剣で、他のバランスは審判者にアドバンテージがある。
(2種類の比較で、執行剣は追加ダメージが+3、審判者はWIS+1や命中が高い。)

ちなみに、審判者の大剣は聖騎士専用武器で、執行剣は一応汎用武器…君主・ナイト・Drk・フェンサーが装備可能ではある。
あるけれど、ナイト以外で両手剣を使う選択はないのでまぁ実質的にはナイト専用とみてよいと思う。

どうしても CB運用になるナイトにとっては、このビッグに対する武器性能の攻撃力45というのもマッチしてると思う。
というか、そういう感じに後発の審判者の性能を置いたんだろうというのが見て取れる。